ボーケイウェッジ一覧

ボーケイのハンドグラウンド、ツアープロモデルの手作りのピッチングウェッジ

ボーケイの、ハンドグラウンドウェッジは、カリフォルニア州カールスバッドのVokeyツアー部門で作成されているため、Adam Scott選手、Steve Stricker選手、Jason Dufner選手など数多くのVokeyウェッジプレイヤーのためのウェッジを生産する同じグラインダー、同じマシン上で作られています。

タイトリスト ボーケイ カスタムウェッジ、PGAツアー選手と同じレベルでの特注仕様

ボーケイ カスタム Vokey Designチームの新しい限定ウェッジ。 最新のボーケイ カスタム限定ウェッジ、「SM7ブラススチール限定モデル」は、Vokey SM7のブラシスチールウェッジで、US、Europeの旗をレーザーエッチング。Vokey SM7ウェッジは、スピンコントロール、スピン量を最大限に発揮。

Vokey(ボーケイ) WedgeWorks K グラインド 新バウンス ウェッジをリリース

新しい、タイトリスト Vokey(ボーケイ) WedgeWorks K グラインドウェッジは、2種類、クロームまたはオイルカン、仕上げとなります。新しいウェッジワークスKグラインド:現在54度と56度で可能 KグラインドはVokey(ボーケイ)ラインナップの中で最も大きなバウンスモデルです

Vokey SM7 RAW ウェッジ ノーメッキ仕上げ Raw(ノーメッキ)ウエッジの受注を開始

SM7ウェッジでのRaw(ノーメッキ)仕上がりは、通常製品にない、柔らかい感触(打感)となります。 8620の炭素鋼で作られており、ヘッドにメッキ追加の仕上げが施されていないため、美しいサテンの外観となっております。非常に人気で通常の3倍以上の製造時間がかかっています。

『SM7』ウェッジ ボーケイ タイトリスト 2018年モデルウェッジ

SM7ウェッジ は、おなじみのF、S、M、K、Lのグラインドに加えて、新しく、Dグラインドを追加しています。Dグラインドは、ハイバウンスKグラインドと多目的Mグラインドのハイブリッドとして位置づけています。Dグラインドは、バウンスが大きいだけでなく、プレーヤあらゆるライに対応するために、三日月型のグラインドに仕上げています。

ノーメッキ ウェッジ Vokey SM7(ボーケイSM7 ノーメッキ)

ノーメッキ の SM7ウェッジは、プロトタイプが、2017年の夏に発売されて以来、PGAツアーの選手たちの間で非常に人気があります。 ツアー選手が好む、ノーメッキ の SM7ウェッジ一般プレーヤも購入可能になりました。SM7 ノーメッキウェッジは、PGAツアーで実証されたソールグラインドを採用し、プレーヤーに最高のウェッジショットを提供します。

VOKEY ボーケイ SM7 ウェッジの選択ガイド 新しいDグラインド

ボーケイ SM7ウェッジの表示は、最初にロフトが表現され、バウンスとグラインドが続きます。 すべてのロフト、バウンス、グラインドと3つの塗装仕上げは、左用もラインナップにあります。ロフト、バウンス、ソールグラインドオプションを考慮してください。ウェッジのロフト選びは、スコアを左右する重要なクラブなので、プレーヤーのの弱点をカバーしてくれウェッジスペックを選ぶべきですね。

Titleist(タイトリスト)の2018年 新しいVokey(ボーケイ) SM7ウェッジ について

SM7ウェッジ についておなじみのF、S、M、K、Lのグラインドに加えて、SM7ウェッジでは新しく、Dグラインドを追加しています。SM7ウェッジ では、重心場所をさらに配置換えして進化させることができています。高いロフトでは高い重心、低いロフトでは低い重心になりました。