気になる タイガーウッズ使用クラブ M3ドライバー 460cc 8.5度

2018年、ゴルフ界全体の関心がタイガーウッズ1人の選手、に向けられていて大きな目玉になっているのは間違いなく特に気になるバッグの中身だが、タイガーは、ついに2018年 M3ドライバーを使用、タイガーは、M3ドライバー(460cc、8.5)をバッグに入れ、新しいドライバーに切り替えて、多くのショットで330ヤードを超えるドライブを手にしています。

Vokey SM7 RAW ウェッジ ノーメッキ仕上げ Raw(ノーメッキ)ウエッジの受注を開始

SM7ウェッジでのRaw(ノーメッキ)仕上がりは、通常製品にない、柔らかい感触(打感)となります。 8620の炭素鋼で作られており、ヘッドにメッキ追加の仕上げが施されていないため、美しいサテンの外観となっております。非常に人気で通常の3倍以上の製造時間がかかっています。

『SM7』ウェッジ ボーケイ タイトリスト 2018年モデルウェッジ

SM7ウェッジ は、おなじみのF、S、M、K、Lのグラインドに加えて、新しく、Dグラインドを追加しています。Dグラインドは、ハイバウンスKグラインドと多目的Mグラインドのハイブリッドとして位置づけています。Dグラインドは、バウンスが大きいだけでなく、プレーヤあらゆるライに対応するために、三日月型のグラインドに仕上げています。

ピン Ping G400 MAX マックス ドライバー 460ccモデルで超高慣性モーメント

Ping G400 Max(マックス ドライバー)のドライバーは、世界で最も簡単なドライバーかもしれません。G400ドライバーは9,200 kgmのMOI(慣性モーメント)を兼ね備えていて、G400 MAX(マックス ドライバー)は9,900 kgmです。(USGAの規制制限値は、11,800 kgm)460ccサイズを採用して、通常モデルG400モデルのタングステンを倍にして慣性モーメントを激増加

タイガー、マキロイ 動画 テーラーメイド M3 M4ドライバー ツイストテクノロジー 詳細情報

「ツイストフェース テクノロジー」のテーラーメイド M3 M4ドライバー動画、トゥ側でインパクトした際のフックを減らすために、フェースを少しオープンにした設計。またヒール側でのインパクトした時よくあるスライスを減らすために、フェースをクローズドにすることでミスヒットを防ぎ、フェースの両側に湾曲を加えることでミスヒットを防ぎ、直進性の確立をあげています。

キャロウェイのローグドライバー(Callaway Rogue)3つの新モデルで飛ばす

ローグ Rogueドライバーのフェース内部には、更に強化されたジェイルブレークシステムとさらに薄くなたフェイス厚、航空社、ボーイングとのパートナーシップで開発された 新しい空力形状とでより飛ばします。JailbreakテクノロジーとX-Face VFTテクノロジーのパワーを組み合わせて、高い弾道で飛距離をかせぎます。

テーラーメイド P790 UDI アイアン中空ボディのユーティリティー(17度)のみ

P790 UDIは、右利きの2アイアンとしてのみで、17度のロフトを標準装備しています。アイアン型の外観とフィーリングなので、アイアンが得意なプレーヤー向け。ある程度の飛距離がある、ティーショット時に、フェアウェイウッド、ハイブリッドに代わることを意図しています。より優しくより飛距離がでるドライビングアイアンであることを特徴としています。

KING F8 TOUR LENGTH ドライバー Rickie Fowler仕様のドライバー

ツアーで使用されたRickie Fowler仕様のドライバーKING F8 Tour Lengthドライバーは、短い44.5インチのシャフトが装着され、16gと6gのおもり(標準KING F8では12gと2g)CNCミルドチタンのフェースは、打感、飛距離と方向性を向上されています。CNCミルドチタンのフェースは、非常に打感がここちよく、ボールが吸い付きます。

エコー Eccoゴルフシューズ 最も快適な高性能ゴルフシューズGore-Tex(ゴアテック)

レザーは、プレミアムヤクレザー。 激しい性能を犠牲にすることなく、非常に強力で軽量です。 すべての条件で乾燥し快適です。 あと、Gore-Tex(ゴアテック)テクノロジーを使用することで、シューズは100%の防水性と防風性を備え、足の自然な水分を逃がしながら水分が靴に浸透するのを防ぎます。